船酔い・波酔い防止の事前トレーニング方法

- 酔いやすい方へ 3週間で体質大幅改善! -


御蔵島エコツアーにおいては、小型船で御蔵島を周遊しながらイルカと遊泳するので、波がある時等、酔いやすい人は、船酔いすることがあります
また波の中でドルフィンスイムする時に、波酔いする方も出ます

ダイビングエコツアーにおいても、ライセンスツアーではボートに乗りませんが、波がある時など、潜る時に浅場で波酔いする人もおります

ダイビングでの船酔いや波酔いは、事前のトレーニングである程度予防出来るので下記ご紹介します

まず普段体を動かしていない人は、時間がある時に水泳やマラソンなど心肺機能を鍛えてください!心肺機能が強いほど酔いにくい傾向にあります

あと三半器官のトレーニングの有効性が論文でも確認されています
・室内の場合
垂直跳びをしながら、180度回転して着地、この運動を2分間、その後逆回りで2分間、1日1回で約3週間で酔いにくい三半規管に鍛えられるそうです
最初の頃は必ず気持ち悪くなるので、30秒くらいずつ、無理をしないで始めます
でも必ず続けてください
また跳ぶ前に少し頭下げ、跳ぶときに頭と手を伸ばしきるとより効果が高く
完全に慣れたら3分ずつだと、さらに効果が高いそうです

・ブランコがある場合
近所の公園などで、毎日5分間ブランコに乗ります、降りた後にふらつかなくなったら、今度は目をつぶり、下を向いて5分間乗るようにします、時には横向きに座ると良いとのことです


またドルフィンスイムやダイビング前日当日の注意点ですが、酔いの大敵は、睡眠不足、空腹、悪い姿勢、臭い(自律神経を不安定にする)などです
・前日の飲酒を控え、寝不足を避けます。空腹も満腹もいけません
・ボートに乗る前は柑橘類を避けた軽い食事をとります
・ボートでは、排気ガスを吸わない場所で後方に座り
・下を向いて細かい作業をしないなどの工夫も有効


せっかくのドルフィンスイムやダイビング、酔ってしまったらつまらないので、上記準備トレーニングは必ずやっておいてください!

酔い止め薬は、飲んだけど酔ってしまった場合には、病状がひどく悪化するとい報告もありますので、酔わない体質作りが大事です
今後の日常や人生にもプラスだと思いますので!

 Home